CHEF BRIDGEでは、契約後の初回訪問を通じて、お客様の宿泊施設の現状を詳しく把握し、具体的な改善計画を立案します。このページでは、シェフが施設を訪れる際の流れと、どのようにしてお客様のニーズに合わせたサービスを提供するかをご説明します。最適な成果を得るための第一歩から、私たちと一緒に歩み始めましょう。


初回訪問と施設の現状評価

シェフが施設に初めて訪れ、現場の状況を把握します。この際、調理設備、使用している食材、スタッフの方々のスキルレベルなどを評価します。


メニューとオペレーションのレビュー

施設で提供されているメニューをレビューし、調理プロセスやサービスの流れを確認します。問題点や改善の余地がある部分を特定します。

スタッフとの初会合

施設の調理スタッフ方々とご面会し、チームの動機付けを行い、改善プロジェクトの大筋の目標とプロセスの共有を行います。スタッフの方々の意見や提案も聞き取ります。


2回目以降

具体的な改善策の提案

初回訪問で得た情報をもとに、具体的な改善策を計画します。これには、新しいメニューの開発、調理技術のトレーニング、効率化のためのプロセス変更などが含まれる場合があります。

フォローアップのスケジュール設定

改善策の実施と結果を確認するためのフォローアップ訪問のスケジュールを設定します。

PAGE TOP